TOP
​Copy right ©️宇田 みおこ後援会 All rights reserved.
モバイルサイトでは正しく表示されない場合がございます。
​デスクトップ用ページでの閲覧をお勧め致します。

ニーズにそった住民サービス

 住民のニーズに対応してこの佐倉市でも各種のサービスが存在しています。皆さまもご承知の通り、今後少子化防止の努力はしつつも、高齢化は避けられません。また少子化に積極的な対応策をとらざるを得ない中、多くの公共サービスに佐倉市は全精力を傾けなければなりません。しかしながら限りある財源の中で、あれもこれもと総花式に財源を分配する財力は、残念ながら今の佐倉市にはありません。そのためにも、大切な予算はしっかりと優先順位を見極め、重点的に執行しなければなりません。

 また、限られた予算内で公共サービスを充実するためには、民間でできるものを新しい制度を活用し、実施していかなければならないことも考えられます。

 この優先順位を決める過程で、住民のニーズ・要望を知ることが必要です。行政の施策と皆さまのニーズ・要望を取り上げ、政策につなげることが議員の仕事です。

 行政・議会は、本当の住民ニーズを知り、政策を住民に知らせ、ともに話し合い、決定するというプロセスが、真のニーズにそった住民サービスの充実を可能にすると考えます。

【政策実行の手段】

  • 既存の行政サービスが、ニーズにそっているのかチェックします。

  • 皆さまのニーズを政策として議会に提案します。

  • ニーズにそっていない住民サービスの廃止等を勧めます。

  • 新規事業に関する早い段階での情報公開と、説明会等の開催をすすめます。

  • 市民向け予算説明会の復活を求めます。